小倉記念 先走り(*・ω・)ノその1

お疲れ様です。m(_ _)m
夏はやはり絶好調中のマメ仙人っす(*・ω・)ノ

夏の小倉競馬場で行われる名物重賞っす。
開幕週ですから、 高速馬場で良好な馬場コンディションになるはずです。
サマー2000シリーズの第3戦目として行われます。

また外差しタフ馬場だった2015〜2016年ごろの馬場が、最近では一変しており、
高速馬場になってきていますので、立ち回り勝負になりそうです。

ではでは現在の出走予定馬の方は、

アールスター    牡5 (栗)杉山晴紀
アウトライアーズ  牡6 (美)小島茂之
アメリカズカップ  牡6 (栗)音無秀孝
サウンドバーニング 牡8 (栗)安達昭夫
サトノガーネット  牝5 (栗)矢作芳人
サトノルークス   牡4 (栗)池江泰寿
サマーセント    牝4 (栗)斉藤崇史
サラス       牝5 (栗)西村真幸
ショウナンバルディ 牡4 (栗)松下武士
タニノフランケル  牡5 (栗)角居勝彦
ノーブルマーズ   牡7 (栗)宮本博
ブレスジャーニー  牡6 (栗)佐々木晶
ミスディレクション セ6 (栗)武幸四郎
ランブリングアレー 牝4 (栗)友道康夫
レイホーロマンス  牝7 (栗)橋田満
レオコックブルー  牝5 (栗)牧田和弥
ロードクエスト   牡7 (美)小島茂之

登録馬は以上の17頭となっています。

過去10年の1番人気馬の戦績は2-1-2-5、勝率20%、連対率30%、複勝率50%
ということで、 ローカルハンデ重賞らしい印象どおりですね。
そのため1番人気馬の信頼度は低めのレースとなっています。

今年1番人気濃厚なのは、サトノルークス、もしくはサマーセント

サトノルークス

ディープインパクト産駒です。
前走は鳴尾記念に出走し、2番人気8着。
昨年の3歳時は、春の皐月賞とダービーは惨敗したが、秋のセントライト記念と菊花賞 で2着に好走している。
本質的に距離はもう少し長めのほうが良い気がする馬ですが・・・。
今回のメンバーレベルならこの距離でも当然有力な1頭になるが・・・
不安点も多い1頭ですね。


サマーセント

ゴドルフィンのハービンジャー産駒です。
前走はマーメイドSに出走し、7番人気でしたが、1着。
その前走は格上挑戦の身だったが、50kの超軽ハンデを活かして勝ち切っている。
今回は相手が上がるが、調子の良さと勢いで。


今年のメンバーをみると、
高速馬場スローペース戦で完全な立ち回り勝負になりそうな印象です。
また上位人気馬も、これといった飛び抜けて能力高そうな馬も見当たらずです。

ということで、荒れる要素は高いと思いますし、オッズ的にも割れそうです。

ということで、まずは基本データからいってみます(*・ω・)ノ

開幕週の高速馬場の平坦コースで行われるレースということで、
基本的には前半から速くなるはず。
最後は上がりがかかる傾向で、小回りコース の割には差しが決まるというカオスな展開。

今年は、ハナ主張しそうなのが、ミスディレクションのみ。
番手競馬得意なサマーセント・ショウナンバルディ・ランブリングアレーが番手につけそう。
この4頭が、ポジション争いすることなく、先団を形成しそうです。

その後につけそうな先行タイプもアールスター・アメリカズカップ・ノーブルマーズと、
ほとんどいませんし、高速馬場スローペース戦になりそうです。
でとなると、完全な立ち回り勝負になりそうな印象です。


比較的高齢馬の出走が多いレー スで、3歳馬は過去10年で2頭しか出走がなく、
その2頭(ベルーフ、ラブリーデイ)は何 れも2着となっています。
ですが、今年の3歳馬は、出走せずですね・・・残念。(´Д`)


血統傾向としては、 とにかくグレイソヴリン=トニービンが強いレース。
毎年のようにこの血統を持っている馬が穴を開けてるの で今年も要注目です。

また欧州ノーザンダンサー系も強いレースと、最近は目立ってきましたので、
ハービンジャー産駒にも注目ですね。

サマーセント・レイホーロマンスが該当です。

ということで、まずは基本データからと展開的に有利になりそうな注目馬☆☆☆☆は、

友道厩舎の父ディープインパクト 母父シンボリクリスエスです。
母父ロベルト系ということで、持続力勝負は、強そうです。
前走は阪神芝2000mの垂水S(3勝クラス)に出走し、1番人気1着。
3歳春にフラワーC3着の実績があり、その後は自己条件から勝ち上がってきての、
4走で3勝を挙げてきており勢い的には一番ですね。
相手はやや上がるが、ハンデにはそれなりに恵まれそうなので、
今回のメンバーレベルなら、展開と枠次第で、十分通用 すると思える。

注目馬☆☆☆☆は、

人気ブログランキング

ではでは(*・ω・)ノ

この記事へのコメント